自分らしさが伝わる自己紹介を! ~中途入社社員編~

もうすぐ4月、新しい出会いの季節ですね。この季節になると、社内報に新入社員紹介を掲載される会社が多くいらっしゃいます。

そこで考えてもらいたいのですが、採用されるのは新卒の方だけでしょうか。既卒の中途入社の方もいらっしゃいませんか。

「いつも新卒の社員は取り上げていたけど、中途入社の社員は取り上げていないなあ…」というそこの社内報担当者のあなた! 中途入社の社員も、新卒の社員と同じ、一緒に働く仲間です。新入社員紹介と合わせて「中途入社社員紹介」も作ってみませんか。

ただし、職歴のない新卒社員の自己紹介と、職歴のある中途入社の社員の自己紹介は違うもの。ぜひ、その人の個性が出る自己紹介ができるよう、社内報担当者が質問を考えてあげてください。

  

■中途入社社員は「なにをしてきたか」を知りたがれる

中途で入社される方は、経歴も年齢もバラバラです。特に、管理職として入社される方は、入社してすぐに自分よりも社歴の長い社員の上に立って指導していく立場になります。だからこそ、社員の多くは「この人はどんな経験をしてきて、どんなことができるのか」を知りたいのです。

とは言いつつも、質問は面接のように堅苦しいものになりすぎないよう、プライベートの質問も織り交ぜつつ、社内報らしい読み物としてバランスを取ると良いでしょう。

  

■質問例

<仕事に関すること>

・前職ではどんな仕事をしていましたか。

・入社する一番の決め手はなんですか。

・前職と比べて当社はどんな魅力がありますか。

・入社してびっくりしたこと、前職とのギャップはなんですか。

・当社に期待することはなんですか。

  

<プライベートに関すること>

・趣味、ハマっていることはなんですか(それに関連する写真を掲載)

・出身地の自慢はなんですか(それに関連する写真を掲載)

・休みの日の過ごし方(円グラフで一日の過ごし方の%を表現)

・あなたの家族を一言で紹介してください(家族の写真を添えて掲載)

 例)娘の真奈美(8歳):ダンスが得意な小学4年! 我が家のアイドル・真奈美です!

  

あまり前職・プライベートについて触れられたくない社員もいるかもしれません。いくつか質問項目を作っておいて、そこから答えたい質問を選んでもらうと良いでしょう。

 

いかがでしょうか。新入社員紹介とは違う切り口からの質問だったと思います。

中途入社社員の個性がわかる自己紹介で、社員間のコミュニケーションを活発にしていきましょう。

  


<関連記事>

社内報 自己紹介に使えるネタ【例文あり】
社内報 正しい自己紹介の書き方 【例文あり】

  

執筆者:ディレクター 大原

アイドルのキャッチフレーズは、うまく自分を紹介できていて心をつかまれますね。