社内報や広報誌、病院広報誌の企画・制作ならエンカウントへ。

紙面の見直し 企画 デザイン コスト削減

介護施設 営業ツール

介護施設の入居率の改善や施設の知名度の向上に役立つ営業ツールを制作します。
病院や介護支援事業所、ケアマネージャーへの広報や営業など。
介護施設のPRを、効果的に、継続的に行いたい方におすすめです。

介護施設 営業ツール

「入居率をもっとアップさせたい」「空室の補充を速やかに行いたい」「ケアマネージャーへの営業のきっかけとなるツールが欲しい」「介護施設を地域に認知させたい」など、弊社では、高齢者介護施設の広報に関するご相談を数多く承ってまいりました。

現在日本は超高齢化社会に突入し、国全体が高齢者介護の将来に関心を向ける時代となりました。事実、国の制度が整備されるに従い、多様なサービス業者が介護業界に参入し、関連施設が続々と創設されています。
サービス内容や利用料金などでは他施設との差がつけづらい介護業界で、効果的な営業を行い、施設を運営していくにはどうすればよいのか。
弊社では、施設を運営される会社様の営業ツールの制作を通じ、そんな悩みを抱える貴施設のお役に立つ、画期的なサービスをスタートさせました。

介護施設の営業方法

介護施設には、有料老人ホーム、ケアハウス、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅など、様々な種類があります。しかしいずれの施設でも、「営業のやり方が分からない、ノウハウが未確立で、ケアマネージャーにどうやってアプローチしてよいのか分からない」というお悩みが聞こえてきます。
残念ながら、この業界において「これさえ押さえておけば大丈夫」という営業マニュアルは存在しません。しかしそんな中、医療・介護関連のベテラン営業マンが「最低限これだけは必要」と口を揃えることはあります。それは、一見単純なようですが、「介護事業所や病院に足しげく通い、雑談の中からニーズを把握する」ことなのです(図参照)。

広報の目的

  1. 施設の稼働率を上げ収益性をアップさせる!
  2. ケアマネや病院スタッフに貴施設の名前とサービス内容を覚えてもらう!

そのために必要なこと

  1. 病院スタッフやケアマネージャーは忙しい。
    営業がきても相手をする時間がない。 チラシの内容はだいたい想像がつくので、読まずに捨てる。
  2. 足しげく通って顔見知りになり、相手のニーズを聞き出す。
  3. ニーズにあわせてサービスをPR。お役に立てることを印象づける。

これを実現するためには、忙しい病院スタッフやケアマネージャーに向けたこまめな情報発信ツールが必要となります。弊社では、広報担当者様や営業の方の手を煩わせることなく、適正コストで最大限の効果を発揮する営業ツール制作のお手伝いをいたします。

実績を持つ介護施設営業ツール制作のプロが貴院の活動をサポートします。

CONTACT US

お仕事のご依頼やご相談は、こちらからお問い合わせください。
TEL 052-228-9504 / FAX 052-228-9604